« 「北丹沢12時間山岳耐久レース」の食料! | トップページ | ランニングクラブに入りました^^ »

2006.07.02

「北丹沢」リタイヤ・・・

 「第8回 北丹沢12時間山岳耐久レース」に参加してきました。
8th_kitatanzawa_002  結果は、タイトルの通り第一関門でリタイヤしました(;_;)

 会場には前日から、次女、長男、私の両親(妻と長女は、長女の部活のためお留守番)と入り、会場の「緑の休暇村センター」の中を流れる道志川で 子供たちと遊び、隣接する「いやしの湯」で温泉につかり夕食をとって、予約していたバンガローで、9時半には床につきました。
 夜中1時過ぎにトイレに起きたのでしたが、その時にはガードマンがあちこちに立ち、続々と会場入りする車を誘導しているのにはビックリしました^^;
 当日の朝は、4時半前に起き「おにぎり」2個と「ヨーグルト」を食べ、トイレを済ませて6時過ぎまでバンガローでゆっくりしてました。
 会場に向かうと、速そうな参加者が集結しており6時半に開会式が行われ、話を聞きながら列中盤でスタートを待ちました。
 7時にレースはスタートし、序盤の舗装道から登りです。
8th_kitatanzawa_003  ここは、ゆっくり流れに合わせてはしり、登山道にはいると予想以上の渋滞で前に進みません・・・
 渋滞は登っている間はずっと続き、ゆっくり歩きなのに汗が沢山出てきましたので、持っていったペットボトルの水を150mlくらい補給しながら登りました。
 最初のピークに達した後、下りでようやく走り始めます。
 山道を慎重に足元を踏みしめながら下り切り、一般道に出てしばらく走ると「神ノ川キャンプ場」につきました。
 ここで、ペットボトルに水を補給し小用も済ませました。
 ここからが、本格的な登りになりましたが、予想以上の傾斜とまたまたの渋滞です・・・
 はじめの渋滞は斜面がさほどでもなかったのですが、ここの斜面での不安定な状態で踏ん張りながら止まっているのは肉体的にも精神的にもこたえました。
 かなり疲労困憊になったところで、鐘撞山に到着しました。
 ここで、小休止してコンニャクゼリーとアミノバイタルのジェルを補給しました。
 その後も、動いたり止まったりの繰り返しで15km地点の2つめのピークに着いたときにはもうヘトヘトになっていました・・・
 ここでも、小休止をしてコンニャクゼリーと塩ようかんを補給し下りに向かいました。
 この下りの時には雨が降り始め、濡れて滑る山道の下りを上手く走ることができません。
 何度も転落しそうな恐怖を味わいながら、第一関門の神ノ川ヒュッテに着いたときには、レースを続ける気力も体力も有していませんでした。
 チェックポイントで係の人にリタイヤを告げ、収容バスに向かいました。
 バスの席は既に6割ほど席が埋まっており、程なく満席になり会場に向かいました。
 リタイヤ地点では、携帯の電波は圏外でしたが5分ほどして繋がるようになり、メールで妻と会場で待っているお袋にリタイヤを告げました。
 会場に戻ると、お袋へのメールでリタイヤを知った子供たちが、大雨の中 待っていてくれて二人笑顔で「お疲れ様」と言って、次女は「バスタオル」を、長男は「甘い物どうぞ」って手に握っていたため、ちょいっとやわらかくなった「チョコレート」を差し出してくれました。
 この時は、なんとも込み上げるものがあり、一瞬天を仰ぎました・・・

 このあと参加賞の「冷やしうどん」を子供たちと頂いて着替えを済ませて、そそくさと会場を後にしました。

 今回は、私の体力と経験では参加できる大会ではありませんでした。
 レースをなめていたわけでは決してありませんが、参加の可否を判断する経験すら無かったってことです。
 8時間くらいでゴールしたいなんて、安易に考えていた自分を恥ずかしく思います。

 次の、富士登山競争(5合目コース)まで、もう1ヶ月を切ってしまいましたが、できる限りのことを準備して望みたいと思います。

8th_kitatanzawa_004_1

 今回は、初めて記録証がない大会になってしまいました・・・  

8th_kitatanzawa_005

 鐘撞山の手前では、渋滞中にこんな写真を撮る余裕もあったんですけどね^^

|

« 「北丹沢12時間山岳耐久レース」の食料! | トップページ | ランニングクラブに入りました^^ »

コメント

お疲れさまでした。
なんと申し上げてよいやら。
ただ、すべてのことは、「家族」あってのこと、この原点をあらためて教えていただいた報告でした。
気持ちを切り替えて、また「次」に向かいましょう!

投稿: moai | 2006.07.02 23:43

お疲れ様でした。

平地でも蒸し暑かったですが、山道はさらに足元の不安も増してたいへんだったと思います。おまけに自分のペースで進めないと疲労も倍増しますものね。

待ってくれている家族の暖かさを再確認させてくれただけも参加した価値があった大会ではないでしょうか。

体へのダメージは完走したとき以上だと思いますので、しっかり休養して富士山に挑んでください。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2006.07.03 01:06

今回は天候も悪かったようですね。
来年はコースの様子も頭にインプットされているので、サクッと行けちゃいますよ。

投稿: まさ | 2006.07.03 06:15

お疲れ様です。
残念な結果かもしれませんが、リベンジを
してくださいね。
富士登山も出られるのですね。
私でさえ5合目は完走できたので大丈夫ですよ。 まずはゆっくり休んで、再スタートを
きってください。

投稿: チー坊 | 2006.07.03 12:56

こんにちは。昨日の大会は、参加者も増えて、大変な渋滞に加えて、あいにくのお天気で大変だったと聞きました。
山は逃げませんから、また気力取り戻してチャレンジしましょう!
僕も、来年は出ようと思っています。

投稿: マカニ・トモ | 2006.07.03 16:28

こんばんは!!アロハです。
リタイアでしたか?残念ですね(泣)
制限時間12時間近くまで、ゴールする選手が多数いたと聞きます。
皆がんばっていました。ただ、finishするために・・・・。

山は厳しいですよ!!天気はころころ変わりますからね。
雨や風、そしてぬかるみと、これでもか・・・これでもか・・・と選手に試練を与えます。
アロハは思います・・・・体力の限界ではなくて、精神的な限界だったのでしょう”!!!と。
でも、家族はありがたいですね!!羨ましい限りです。(礼)

投稿: aloha!moana | 2006.07.03 18:54

>moaiさん
今回は情けない結果になりましたが、
次回は、是非頑張って胸を張りたいと思います。

>野川のカルガモおとーさん さん
いろいろアドバイスいただいたのですが・・・
リタイヤとは・・・
とほほです。

>まささん
次回、サクって行けるとはとても思いませんが・・・
チャレンジ精神は失わないようにしたいです。

>チー坊さん
ありがとうございます。
ゆっくりしすぎないように、
再スタートしたいと思います。

>マカニ・トモさん
ありがとうございます。
次回は、しっかり経験を積んで挑みたいと思います。

>aloha!moana さん
おっしゃるとおり、精神的な限界だったのだと思います。
今、思えば制限時間には間に合っていて、体に故障があったわけでもないのでゴールを目指すべきだったんだと後悔しています。
今後、こんな気持ちになるようなレースをしないよう身も心も鍛えたいと思います。

投稿: HIDE10 | 2006.07.03 21:07

ただただ残念の一言です。
来年はリベンジですね!

投稿: 部員 | 2006.07.03 23:28

ただただ、心からお疲れ様でした m(__)m
私の走友(走歴もほぼ一緒)のエントリー(http://d.hatena.ne.jp/urano_cobito/20060702)ですが、なんかこれ読むと自分が情けなくなると同時に「負けられないゾ♪」って気持ちになります。
これからもお互いに頑張りましょうね♪

投稿: 「た」 | 2006.07.03 23:54

>部員さん
情けないの一言です・・・
次回は、準備を尽くして望みたいと思います。

>「た」さん
最近、レース参加意欲は有るんですが、
それに必要な練習ができません^^;
今回の、情けない結果を糧に鍛錬に励みたいと思います。
頑張りましょう♪

投稿: HIDE10 | 2006.07.04 00:35

北丹沢お疲れ様でした。
ご家族でバンガローに泊まって楽しそうですね。あの辺りはキャンプ場なのでお子さんたちも楽しめたのではないでしょうか。パパは残念でしたが、山で雨に降られれば、リタイアするのが懸命です。次回リベンジしましょう(^o^)丿
富士山5合目は登りだけなので、思い切って行きましょう。応援しています。

投稿: きょうのわんこ | 2006.07.04 16:32

>はしれわんこさん
ありがとうございます。
今回の状況では、私の実力・経験からすると、レースを続行することで多くの方に、ご迷惑をお掛けする可能性もありました。
次に向けて、リセットして頑張ります^^

ところで、今回のコメントも昔のハンドルネームですよん^^

投稿: HIDE10 | 2006.07.04 23:24

 北丹沢雨の中お疲れさまでした。ご本人しか分からない気持ちでしょうが、関門の制限時間はクリアしているのから次回は期待が持てるのでは?
 ご家族の暖かい励ましに応えるため富士は頑張ってください。応援しています♪

投稿: そよ風 | 2006.07.05 08:02

HIDE10さん、ナイスファイト!お疲れ様でした。
2~300mの低山をマイペースで駆けるは、
とても愉快なことと心得ております。
やはり、1000m級をレースで走るのは大変なことのようですね。
結果はどうであれ、挑戦することに意義があるはずです。
わたしもどこか物色して、山岳レースに挑んでみます。
富士山、楽しみですね~

投稿: たけぼう | 2006.07.05 16:32

 HIDE10 さん 大変厳しいレース、本当にお疲れ様でした。

 次の富士山を完走してパワーアップした HIDE10 さんと 「ももマラソン」 でお会いできることを楽しみにしています。

投稿: starlike | 2006.07.05 17:32

>そよ風さん
ありがとうございます。
経験と練習を積んで、再チャレンジしたいと思います!

>たけぼうさん
トレイルランと山岳レースの違いを、
思いっきり知らされました・・・
このレースには、登山の練習が不可欠でした。

>starlikeさん
パワーアップできるかどうかはわかりませんが・・・
富士登山頑張ります♪

投稿: HIDE10 | 2006.07.05 21:31

お疲れさまでした。
今回はリタイヤという残念な結果に終わってしまいましたが、来年のリベンジを目指して頑張ってください。
それにしても、進まないほどの大渋滞ってのも精神的に疲れちゃいますよね。

投稿: ネオス | 2006.07.05 22:57

北丹沢、お疲れ様でした。
雨と渋滞には参りましたね。
私は何とか完走することができましたが、事故で大怪我、と紙一重だったような気がします。
途中でやめる勇気も必要だったのではないか、と考えさせられました。
登山練習をして、次回はお互い楽しんで走れるように頑張りましょう!

投稿: めだか | 2006.07.05 22:59

>ネオスさん
うーん、来年になるかどうかはわかりませんが、再チャレンジしたときには、必ずリベンジしたいと思います!

>めだかさん
お疲れ様でした。
私も悔しい反面、山の素人には賢明な判断とも言えるんじゃないかなって感じもあります。

投稿: HIDE10 | 2006.07.06 23:23

はじめまして! 僕もリタイヤ組です。
でも、懲りずに次のレースを思案中です。
お互い、基礎体力作りから頑張りましょう!

投稿: ちょいダル | 2006.07.07 01:40

参加した友人に話を聞きましたが、雨も降って大変なレースだったみたいですね。

トレイルは難しいですよね。
下りを走るのは技術なのか勇気なのか、僕も全然ダメです。
やはり、何回も山に入ってトレイル用の練習をつまなければダメみたい。
それと、渋滞を避けるために、序盤の登山道に入るまでは、とにかくがんばって走るんだそうです。

投稿: RASCAL | 2006.07.07 12:52

>ちょいダルさん
はじめまして!
私は、次のレースはもう決まっています・・・
泥縄トレーニングで臨みます^^;

>RASCALさん
今回は、技術も勇気も足りませんでした・・・
次回は、準備を重ねて挑みたいと思います。
完走するまで、何回でもチャレンジするつもりです^^

投稿: HIDE10 | 2006.07.08 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53227/10765997

この記事へのトラックバック一覧です: 「北丹沢」リタイヤ・・・:

« 「北丹沢12時間山岳耐久レース」の食料! | トップページ | ランニングクラブに入りました^^ »