« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.15

「佐倉マラソン」のリハーサル♪

 3月29日に「第28回 佐倉朝日健康マラソン」が盛大に開催されます^^
 昨今のマラソンブームに乗って参加者が大幅に増加し、1万2000人近くのエントリーがあったそうです。
 フルマラソンは、申し込み期限を待たずに定員(6000人)に達し締め切られました。

 地元で開催されるこの大会には6年連続で参加しており、初レース(10km)、初フルもこの大会でした^^

 今回は、選手としてではなくボランティアとして参加し、フルマラソンの5時間のペースランナーをさせて頂くことになりました^^

 フルマラソンを5時間なら、さほど難しくないと思って申し出たのですが・・・
 大会が近づき、ボランティアミーティングにも参加し、経験者の話を伺ったりして、多少不安な気持ちが出てきました・・・ 

 42.195kmを5時間で走るってことは、イーブンペースだと7分7秒/kmで走ることになり、かなりゆっくりなペースです。

 このくらいのペースで長い距離を走った事はあまりなく、5時間走り続けるって経験もありませんので、失敗して参加者の皆さんに迷惑をかけては大変なので、リハーサルをしてみることにしました^^

 スタートとフィニッシュは、コース上で自宅から一番近いサイクリングロードの場所とし、7分/kmで全コースを制覇すべくForerunner401を設定して走り始めました。

28th_sakura_002
(↑クリックで大きくなります)

 結果は・・・
 13時過ぎにスタートしたのですが、35km手前くらいから陽が傾いて寒くなってきたのと、だんだん暗くなってきて早く終わらせたいって気持ちもあってかペースが上がってしまいました・・・

 そんな今回の、リハーサルで分かったことは次の様なことです。

  1. 7分/kmペースだと、歩幅が狭くなり歩数が増えて疲れる^^;
  2. 油断をすると、すぐペースが上がってしまう。
  3. 5時間走り続けることは、予想以上に足にダメージが現れる。
  4. トイレ問題(今回は、コースを外れて済ませましたが、本番では絶対ダメ!)
  5. ガスケツ問題(5時間は、ながーい・・・本番ではクロワッサン食べまくり?)

 本番では、最初の1kmに10分以上かかるそうです。
 この借金を、どうやって返していくかも重要になると思います。

 まあ、このあたりは一緒に走るペースメーカのベテランに判断を委ねるとして、初めてのペースメーカを無難にこなせるよう頑張ります♪

28th_sakura_003
(↑クリックで大きくなります)

 完璧ではないものの、ペースメーカの任務を果たせそうな自信が湧きました^^
 実際走ってみて、分かったことも多かったので、リハーサルをやって良かったと思います♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.03.09

今年もへこたれた「大山登山マラソン」

 「第24回 大山登山マラソン」に参加してきました。

24th_ooyama_002

 予定では、朝4時に起床する予定でしたが、就寝が遅かったせいか寝坊・・・
 4時15分過ぎに、ありがたくも奥様に起こしていただき、急いで「冷凍グラタン」と「インスタント味噌汁」(ちょっとアンマッチ?)、そして「ウィダー in ゼリー」で、朝食を摂りました。

 5時過ぎに荷物を抱えて家を飛び出し、4分30秒/kmペースで走って最寄の駅に向かい、電車に飛び乗りました^^;

 京成→都営新宿線→小田急を乗り継ぎ、8時に伊勢原駅に到着し、歩いて会場の伊勢原小学校に到着したのは、8時10分くらいでした。

 まずは受付を済ませ、貴重品を預けました。
 更衣場所の体育館はすでに混雑していましたが、なんとか隙間を見つけ荷物を置きます。
 ゴール地点に運んでもらう荷物の締切り時間(8:30)が迫っていたため、急いで参加賞のリュックに「着替え」「タオル」「雨合羽」を詰め込み、体育館裏に待機している「トラック」に預けました。

 体育館に戻り、着替えを済ませてごった返す「体育館」を出てチップをシューズに装着してから、会場内ブースを物色しながら開会式を待ちます。

 開会式は9時から始まり、伊勢原市長の挨拶や、招待選手の紹介がありました。

 開会式終了後からウォーミングアップを開始し、寒かったのでストレッチを入念に行った後、ジョギングをしてから10時15分くらいに召集場所に並びました。

 私の参加する40代の部は女子の部と一緒に、10時30分スタート予定です。
 召集場所から、並んでスタート位置である伊勢原駅前に移動し、シドニーオリンピックで5000mの日本代表だった、志水見千子選手の挨拶の後、バスの出発時間を避けて、10時31分くらいに号砲でレースが始まりました。

 1時間切りを目指し、沿道の応援に後押しされてスタートしたものの、今年も6kmを過ぎたあたりから、大きくペースダウン・・・
 抜かされる機会が多くなり、明らかに周りのペースについていけません・・・

 7kmを過ぎてからの石段は、立ち止まりはしなかったものの、ほとんど歩きました^^;

 今年も、1時間を切ることができず・・・
 喘ぎながら 1時間2分21秒かかってのヘロヘロなゴールとなりました。

24th_ooyama_003
(↑クリックで大きくなります)

24th_ooyama_004
(↑クリックで大きくなります)

 呼吸が苦しかったわけではないので、勾配がきつくなる中盤から後半にかけて、もっと頑張れる足を作らなければいけないことを痛感しました。

24th_ooyama_005
(↑クリックで大きくなります)

 ゴール後は、振舞われた「とうふ汁」「七草粥」「お汁粉」の順で頂き、預けた荷物を受け取り着替えてから、ケーブルカーと、バスに乗って会場まで戻りました。

 今年も会場で、「焼きそば」と「生ビール」で一人打ち上げをし会場を後にし、歩行者天国で歓迎イベントを開催中の商店街をゆっくり歩いて帰宅の途につきました。

 この大会は、きついけど大会運営のやさしい雰囲気と、暖かい応援が心地よく、来年も絶対参加したい大会です♪

24th_ooyama_006
(↑クリックで大きくなります)

 参加賞は、オリジナルバックです。
 早速YU10が使うって言ってました^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.03.02

冷たい風雨の「千葉県民マラソン」(そそくさとDNS・・・)

 「第31回 千葉県民マラソン」に参加する予定でした・・・

31th_chibakennmin_002

 前日からYU10が体調を崩し(胃腸炎)、妻とお留守番が決定。
 私と、ERI7、YURI7、私の両親の5人で出かけることになりました。

 当日は、6時前に起床し、肉まんをコーラで流し込み朝食をすませて、曇天のなか6時45分に車で自宅を出発しました。
 蘇我を過ぎたあたりから「雨」が降りはじめ、雨脚は徐々に強くなり娘たちは「走りたくない」と言い出しました^^;

 会場駐車場で弟家族と落ち合いましたが、相変わらずかなり強く冷たい雨が降っています・・・

 とりあえず、弟と受付場所に向かい受付を済ませ、全員分の参加賞を確保しました^^
 雨は止む気配がまったく無く、一旦車に戻ってみんなで相談しDNSを決定しました。

 寒かったし、小3の姪っ子もいたので、風邪を引かせてしまってもいけないので、DNSの判断は妥当だったんだと思います^^;

 チップを外し返却に行くと、開会式が始まっており最前列で参加しました。

31th_chibakennmin_003

 来賓紹介では、浜田靖一防衛大臣が挨拶し、

31th_chibakennmin_004

 次いで、ゲストランナーが紹介され、土佐礼子選手の挨拶もありました。
 土佐選手は、ハーフの部のスターターと、5kmの部に参加されました。

 開会式も終了し、早くも配られていた海草入りの「味噌汁」を頂いてから車に戻り、そそくさと会場を後にしました。

 とはいえ、せっかく富津まで来たので、竹岡式ラーメンで有名な「梅乃家」に寄ってみました^^
 10時の開店と同時につけたので、運良く並ばずに入れました。

31th_chibakennmin_005

 店に入り、伝統の一品「ラーメン+ヤクミ」を注文し待つこと10分弱、お盆で運ばれてきたラーメンは、こぼれるほどのスープに満たされ(本当にこぼれてましたが・・・)、ヤクミ(玉葱)も満載!

 なにより度肝を抜かれたのは、分厚い(3cm以上の厚さのところもあった)チャーシューがふんだんに入っていること・・・
 娘たちは、「見ただけでおなか一杯になった!」と言っておりました^^;

 チャーシューを煮込んだ煮汁を、お湯で割ったスープの濃い目の醤油味は、ハーフマラソンを走った後なら、もっとおいしかったろうと思うとちょっと残念です。

 20人ほど行列ができた、お店を後にし館山のイオンを経由して家に戻ったのは、15時を少し過ぎた頃でした。

 レースはDNSでしたが、前から気になっていた「梅乃家」のラーメンを食べられたので良しとします♪

31th_chibakennmin_006

 参加賞は、大人は「Tシャツ」と「ボールペン」で、子供は「マフラータオル」、小学生には「でんこちゃん」の「レジャーシート」と「エンピツ」、全員に「マザー牧場」の割引券と「シャンプー」の試供品が入っていました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »